「考える」とは何か

  • by

世の中のお困りごと、企業の問題や課題には「正解のある問題」と「正解のない問題」に分かれます。

コンサルティングでフィーをもらうということの本質は「正解のない問題」に対して、考えて、クライアントと二人三脚で進んでいくからこそ、そこに価値があるのです。

企業の経営者には「正解のない問題」が日々たくさん生まれ、経営者の仕事はその1つ1つに自分なりに答えを出して、決断していくことなのです。

正解のない問題に対しては「調べる」ということができません。
調べるというのは「正解のある問題」=「マルかバツか」がはっきりしているということです。

世の中に出ると、なんでもありの総合格闘技になります。
なんでもありだから、答えも正解もない。自分で問いを立て、自分なりの答えを出していく必要がある。

正解のない問題に向き合うからこそ、「考える」ということが重要になるし、経営者の人たちは自分なりに考えた後、この人ならどう考えるのか?という「意見」を求めて経営コンサルタントに依頼するのです。

正しさではなく、「意見」であるというのは、ようは「私はこう考える」ということです。

考えるというのは、論を明確にするということ。
何をどう考えたら良いかわからないものに対して、考える軸を作るのもまた、大きな価値になります。

 

上の発想は、ちきりんさんの新作「自分の意見で生きていこう」に論が提示されているもの。名著でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。