人生を賭して伝えたいメッセージがあるか

  • by

世に出てくる人の共通項というのは、必ず強烈なメッセージを持っている。

そのメッセージというのは言語化されている場合もあるし、されていない場合もある。

言語化されていなくとも、その人がやってきたことと生き様、そしてこれから世の中に狼煙を上げる分野と領域に、滲み出るからして分かる人には分かる。

真に才能のある人というのは、絶対に埋もれない。

僕が10代の時に心に刻んだ、人生を賭して伝えたいメッセージのコア部分は、今もなお変わらずに僕の中にあって、それは年々ブラッシュアップされ太くなっている。

世の中の本質、真理を探究し続けたい。
「原理原則の探究」が僕の人生のテーマ。

そして僕の人生のコアメッセージは「人生でいかに勝てる土俵を見つけるか」「その土俵でいかに勝つか」という点に集約される。

10代は負け続けてナンボ

人生は努力で決まるのではなく、遺伝子であり才能が絶対条件。

自分の遺伝子を見つけるために、10代の間は負け続けてナンボ。

勉強もダメ、スポーツもダメ、面白キャラもダメ、じゃあどうすれば良いか?

そうやってアイデンティティが崩壊して初めて、本当の自分に向き合うことができる。

遺伝子を引き継ぎ、その遺伝子を活かす環境があるのであれば、それはそれでよし。

そうじゃない圧倒的多数の人たちは、負け続けて自身のアイデンティティをscrap&buildし続けていくべき。

行動して、人に会って、考えて、やってみて、の繰り返し。最初から頭デッカチに考えるのは無し。

順風満帆の10代を過ごすよりも、ウツウツと鬱憤を蓄積した人の方が、将来大成することの方が多い。

20代は才能を見出す

そうやって10代を過ごし、社会の入り口に立って揉まれて初めて、世の中というのものを立体的に捉えることができるようになる。

世の中と自分との尺度を持てるようになり、自分がどこで勝負すべきか?というのがうっすらと見えてくる。

20代はかなり重要。僕自身が10代、20代向けに伝えたいメッセージは、人生のエッセンス。

勝てる土俵をいかに見つけるか。そしてそこで1点突破し、いかに勝つか。

勝負すべき土俵を見誤ったら、人生は不幸で終わる。寿命の無駄使いをするのは宇宙への冒涜。

自身の才能を、世の中に見出すのだ。それが20代のミッション。

10代、20代向けに伝えたいことは、ずっと書き続けている「大人の少年で、僕はありたい。」というブログにコンテンツがモリモリ。

30代は才能を開花させて業界に狼煙を上げる

世に出てくる人の多くは35歳までに業界内に狼煙を上げる。

ようは「自分は今からここで勝負するから、よろしくね」と自分の名前で旗を立てるイメージだ。

業界内外に知れ渡るほどのインパクトを、必ず残す。

サラリーマンであれば社史を塗り替えたり、社内外の人たちに「あの人すごいよね」と認知されるようになる。

35歳を過ぎて40歳までにサラリーマンを辞められないと、多くの場合は一生サラリーマンで過ごすことになるから、一発上がりたい人は要注意。

自分の人生を否定できなくなるし、守りに入る年齢的な境目が35歳〜40歳。

30歳前後で自分の人生として勝負すべき土俵を見出し、徹底的にそこで努力する。

正しい努力の方向を理解し、圧倒的にリソースを注ぎ込むことで、土俵選びが間違っていなければ必ず才能は開花する。

僕は今からちょうど10年間という、30代のステージに入る。楽しみでしょうがない。

淡々と、圧倒的な量をこなし没頭する30代は最高だ。

40代以降はあらゆる角度から才能を昇華させ、世の中に還元する

30代が1点突破であれば、40代はそれを複数に広げていくイメージ。

自分の勝負すべき土俵で確実に勝ち、その1点を中心に輪を少しずつ広げていく。

勝負すべき土俵と勝ち方が分かっていれば、必ず次に広げるべき土俵とその角度が見えてくる。

あらゆる角度から自身の才能を昇華させ、そしてそれを世の中に還元する人生ステージに入るのが40代以降。

別に大企業を作らずとも、多くの人に影響力を持たずともよくて、大切なのは自分の才能のサイズを正しく把握すること。

この言葉の意味が分かる人は、きっと大物になる。もしくは今すでに大物の人もいるかもしれない(恐縮です)。

2023年1月現在。30歳になって1ヶ月が過ぎ、脱サラして1ヶ月が過ぎた。

僕の人生のメッセージを、これでもかというほど研ぎ澄まして、そして世の中に突き刺していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です