一円を稼ぐ難しさを知っている人は強い

ちょうど1月ほど前にブログを投稿してから約1ヶ月の間、全くブログを更新できずにおりました。。

できれば週に数回の更新を・・と思っていながらも、平日の夜も土日も、稼働中のプロジェクトに時間を割いていた10月は、まとまって文章を書くというタイミングがなく、気づけば11月に入っていました。
(それだけ複数のプロジェクトに関わらせていただいていたということで、とても有難い話です!)

早いもので11月に突入しました。
10月から第2期を迎えた弊社ですが、新しいプロジェクトが始まりつつ、以前からのクライアントとの取り組みも順調に継続しており、おかげさまで順調に一歩ずつ成長をしています。

今月11月の売り上げは3桁万円を見込んでいますが、まずは毎月3桁万円以上を継続して売り上げられるようにしつつ、その間に中長期的にご一緒できるお客様とのご縁を広げていくことができればと。

1件あたり月3万円、5万円、10万円のプロジェクトを積み上げていたのが、今は月3桁万円の売り上げが見込めるようになりました。
まだまだではありますが、初期の「で、何ができるんですか?」と聞かれる段階から、「弊社ではこういうプロジェクトの実績があります」と語れる段階に移行しつつあるという、大きな手応え。

プロジェクト実績が、次のプロジェクトへの信頼に繋がっていく、という段階に移行しているということです。

あ、そうそう、複業(副業)的に個人で仕事をしたり、独立を考えている人たちもこのブログを読んでくださっていると思いますが、「スキルは何ですか?」とか「何ができますか?」と言われる段階をいかに早めに卒業するかが大事だと思っており。

「実績」に語る雄弁さはありません。1つでも実績ができると、その1つの実績をもとに2つ目の仕事へつながる。
複数の実績ができると、もう「何ができますか?」と聞かれる段階の卒業です。

会社経営も同じだと思っており、サービスやプロダクトを売っているわけではなく、コンサルティング業のような受託型で仕事を始めようと思っている人にとっては、まず一歩目の「実績」を作ることが何よりも大事です。

今、僕らは「営業強化」と「新規事業」の2本立てのプロジェクト実績が複数にわたってきた。

営業組織の立ち上げであったり、営業戦略の強化であったり。もちろん提言のみならず、全て実行までサポートします。

新規事業も同様で、結局のところ「自社で完結できない(リソースが足りない)」「社内に優秀で任せられる人材がいない(いたとしてもリソースが空かない)」という企業は多いわけで。
新規事業と言っても綺麗な戦略がどうこうではなく、地道なPDCAと改善をとことんやり切る、そのこだわりと美ビジネス的な粘り強さが、結局のところ一円を生み出していくのだと感じています。

起業をするというのは誰でもできますが、継続し続けるというのはそんなに容易いことではありません。

僕らが提供している価値は、形あるものではなく、知恵と、情報と、粘り強さと、クライアントと二人三脚で汗をかいて、最後まで向き合い付き合い続けるというところです。

それが伝われば、顧客の方から「ぜひ、お願いします」と言っていただけるようになるのです。
一円を生み出す難しさを知っているからこそ、クライアントの事業成長をサポートさせていただけるのです。

若干のポジショントークも入りますが、一円をゼロから生み出していくことの大変さは、サラリーマンでは分かりません。
もちろん人によっては、サラリーマンの方でもそれを感じ取れる人もいますが、100%ではない。

なぜならば、自分でゼロから稼いで、誰かにお金を払うという、身銭を切るという経験がないからです。

その経験の有無は、結局最後のところで効いてくる。オーナー社長、創業社長というのは、それを必ず知っているのです。

 

=========

【質問募集】

下のコメント欄、もしくはHPの問い合わせ欄からメッセージをいただけると、ブログで回答します!
匿名性は必ず担保しますので、ご安心を。

「一円を稼ぐ難しさを知っている人は強い」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: お客さまの本音は全て「実際にお金を支払っていただけるか否か」に出る – Fractal.Inc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。