キックオフから眺める景色

フラクタルの2回目のキックオフを無事に終えて、帰路についた。

3ヶ月に1回でもこうして対面で会って、語り合う場を持つことは、大きな意味を持つのだと改めて実感している。

キックオフを実施して、一緒にご飯を食べにいって、帰ってきてビールと日本酒を片手にお互いの今とこれからを語り合う。

泊まって、朝起きてまさかの豊洲の海岸沿いに散歩に行って、コーヒーを片手にタワーマンションを眺める。
「あそこに住んでいる人たちは、どういう人なんだろうね」という妄想の話をしつつ、そう遠くはない未来に妄想ではなく僕らの現実になるのだと。

たった半年で以前の何倍ものスピード感で進んでいて、これから先の半年、1年、3年を考えると、武者震いをせずにはいられない。
立ち上げ期なので、スピード感が速いとか規模が何倍にもなるというのは、当たり前と言えば当たり前なのだけど、それでもなお、僕らの小さな一歩にとっては大きな自信になる。

これからより遠方から関わってくれるメンバーも増えていく。
東京の空気を、3ヶ月に1回でも一緒に吸って、これから目指す先を語り合う場を作っていきたい。

1つ、忘れられない1日となった。いつも、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。